松恵会について

 理事長ご挨拶

信頼され支えとなる施設を目指して

利用者様の望まれる「輝く自己実現」を大切に
個々に寄り添う こころ通うまごころ介護を

社会福祉法人松恵会は、社会福祉法人希望会と2021年4月1日に合併し、新生 松恵会として新たなスタートを切りました。
「特別養護老人ホーム松恵園」「特別養護老人ホームやすらぎの里」「障害者就労支援施設・地域活動支援センターにしべっぷの里」を軸に地域の皆様方の多様なニーズに応えるべく提供体制の強化を図っております。
当法人が現在ありますのは、関係者の皆様、地域の皆様のご理解とご協力、また、発展に寄与された先人の方々、職員一人一人のたゆまぬ努力の賜物と深く感謝申し上げます。

私たちは理念に基づき、利用者様、地域から信頼され、選んでいただける質の高いサービスを提供し続けることを目指しております。
介護保険制度が施行される以前から「全人的な介護」のあり方を模索しながら実践してきました。利用者様が生きる喜びを実感でき「輝く自己実現」を達成できるよう、また個々に寄り添いこころの通う頼れる存在になれるよう日々努力を重ねております。
今後とも職員一同一丸となって地域福祉の向上、利用者様目線での介護、快適で利用しやすい環境づくりを進めてまいります。
皆様方のご指導、ご支援を心よりお願い申し上げます。

社会福祉法人 松恵会
理事長 中村 奈美子

社会福祉法人松恵会の理念

お客様お一人ひとりの尊厳を護り、自立した質の高い生き生きとした生活を送ることができるように、プラス志向で豊かな創意を持って福祉サービスの充実と発展に努め、地域に信頼され支えとなる施設を目指します。

 基本方針

  1. お客様の権利を尊重し、安心して満足いただける真心のこもったサービスを提供します。
  2. お客様にあらゆる福祉情報を提供し、豊かな生活を支援します。
  3. 職員は常に自己研鑽をし、人間性と専門性の向上に努めます。
  4. 地域・ご家族・ボランティアの皆様と緊密な連携を図ります。
  5. 健全な経営を図るとともに、事業運営等に関する情報を公開し透明性を確保します。

職員の行動指針


お客様の望まれる「輝く自己実現」を大切にいたします。
「させていただく」という謙虚な心で自分を磨きます。
積極、敏速、的確な仕事で協調性のある職員となります。
礼儀正しく、健康で、笑顔の専門職となります。